賛同金のお願い
賛同金のお願い

 

私たちが賛同金をお願いする理由

 

障害者ピアニストの夢を応援してくださいませんか?

 

私たちは、「障害があってもピアノは弾ける」を合言葉に、次の目的をもって活動している、NPO法人です。


1. ピアノを学ぼうとする障害者に音楽指導を行う者が集い、その教授法の 研究・開発を行う
2. 会員の相互啓発を通して、音楽家、指導者としての資質向上を図る
3. さらに、総合的な教育に役立て、音楽文化の発展、人類の幸福のために寄与することを目的とする

 

この研究会は、2001年の秋、有志が集まって活動を始めました。そして、2005年1月には、私たちの夢でありました第1回ピアノパラリンピックを実現させることができました。そして、昨年(2007年)12月には、NYの国連およびカーネギーホールにおきまして、ピアノパラリンピックデモンストレーションコンサートを開催することができ、一般社会からも私たちの活動が認められつつあると感じています。


より詳しい沿革はこちらをご覧ください

 

主な活動と資金調達について

 

私たちの活動の中心は、障害をもつピアニストの演奏会と、その指導者が相互啓発する研究会です。お金のかからない活動もたくさんあります。また、ボランティアの力をお借りすることで、費用をできるだけ安くおさえる工夫もしています。


しかし、研究や演奏会ももちろんとても大切ですが、私たちには、障害をもったピアニストたちの(そしてその多くは、本当に驚くばかりの才能にあふれた子供たちの)活躍の場を創り出すこと、夢や目標となる舞台を創ること、さらにそれらの環境を社会に確立し、永続するものとして残していくという、大きな役割があります。


それらの実現のためには、年4回の会報発行費用、企画会議のための会議室利用費用、交通費、消耗品といった、最低限の運営費用に加えて、海外演奏会、ピアノパラリンピック開催のための資金を調達する必要があります。ぜひ、企業様、団体様、個人の皆様のお力で、障害をもったピアニスト=チャレンジャーの夢を応援して下さい。

 

私たちはこんなご協力を希望しています
企業の方、団体の代表者の方

 

私たちのスポンサーになっていただけませんか?年間契約により、私たちの活動費用を御負担ください。広告や告知で、私たちIPDのスポンサー企業であることを掲載していただけます。詳しくは、事務局までご連絡ください。

 

個人の方

 

一口千円で結構です。募金にご協力をお願いいたします。銀行または郵便局にお振込み下さい。

【郵便振替】 口座番号: 
00140-04-358347
名義:
NPO法人日本障害者ピアノ指導者研究会

 

ボランティアマインドにあふれたすべての方

 

IPDのことを、お知り合いに教えてあげてください。


演奏会、勉強会、集まりなどで、ピアノフェスティバル募金用の郵便振込用紙を配布するチャンスがありましたら、お知らせください。

 

本会への後援申請について

 

御寄附を下記の口座に直接お振込みいただくこともできます。あたたかいご支援に心から感謝いたしますとともに、障害者ピアニストの夢の実現のために、大切に使わせていただきます。


【郵便振替】 口座番号: 
00140-04-358347
名義:
NPO法人日本障害者ピアノ指導者研究会

ページトップへ戻る

 

特定非営利活動法人

日本障害者ピアノ指導者研究会

〒103-0028 東京都中央区八重洲1-9-13

八重洲駅前合同ビル6階

TEL0287-23-3021・3022

会員庶務事務所:

〒324-0056 栃木県大田原市中央1-19-22

TEL090-8680-9721

FAX0287-23-3021

Email uima2@nasu-net.or.jp

 

Copyright (C) Institute of Piano Teachers & Disabled in Japan; All Rights Reserved.